JP EN

COMMUNICATIONS

連載記事

【連載】京都の端から、こんにちは 第10回

井上章一(所長)
2021年7月29日

 いやなウィルスが、まだはびこっています。政府は、高齢者から、ワクチン接種をすすめることにきめました。66歳の私も、早目にその予約をとりつけることができています。

 心の片隅では、そのことをもうしわけなく思ってきました。職場のスタッフは、みな65歳未満です。早期の接種はできません。所長である私だけが、ぬけがけのようにワクチンをあたえられる。その特権を、うしろめたく思ってきたのです。

 近ごろは、当局も世代をこえて接種をうながそうとしだしています。うまくいくといいですね。私などが、こころおきなく接種をしてもらえる状況にしてほしいものです。

 余談ですが、このままのいきおいだと、阪神タイガースは優勝しそうです。はやければ、9月にも祝勝さわぎがあるかもしれません。それまでに、感染はおさえこめるのでしょうか。私は、ひそかに優勝決定のおくれることをねがっています。この慶事を、思うぞんぶんいわいたいものですから。まあ、あんまりおくれて、けっきょくペナント獲得失敗という事態は、こまりますが。

所長ワクチン写真