JP EN

COMMUNICATIONS

連載記事

【連載】京都の端から、こんにちは 第6回

井上章一(所長)
2021年3月29日

 今、私たちがもよおす研究会は、たいていオンラインのそれになっています。新型コロナとよばれるウイルスがこわいからです。社会的な距離をとっているんですね。

 国際日本文化研究センターだけではありません。ほかの研究機関でも、状況はかわらないと思います。あるいは、一般のオフィスでも。

 そして、どの組織でも気がついたんじゃあないでしょうか。オンラインの研究会や会議には、あまり経費がかからない。旅費、滞在費、場所代がいらなく、安上がりだ、と。

 ポスト・コロナの財政当局も、われわれにせまってくるのかな。もう、じっさいに人をあつめる研究会はやるな・・と。今後は、そこが予算削減のとば口になるかもしれません。

 対面の研究会を維持するためには、理論武装がいるでしょう。でも、討論以外の雑談や密談が重要なんだという言い分は、つらいなあ。書類にも書きづらいしね。なやましいところです。何か、いい手はないのかな。

 

収録風景

細川周平先生退任記念講演会の収録風景(2021年2月)